暗黒通信団の実態

暗黒通信団とSDGs

 

■女性蔑視な価値観を未だに持ち続ける暗黒通信団

以下の暗黒通信団のページにSDGs(持続可能な開発目標)に関する資料が公開されていました。

(SDGsイベント全体報告文書 )http://ankokudan.org/c/upload/

ところで、SDGsでは、その第5条に「ジェンダー平等」を掲げています。
「持続可能な開発」を実現するうえで女性がより活躍できる社会が必要だと考えられているのです。

しかしながら、暗黒通信団のメンバーは必ずしもそのことを正しく理解していないようです。
暗黒通信団の官民協働ネットワークCrossoverでは、「多様な人財がより良い社会の実現に向けて協働するきっかけを創り出す触媒となることを目指す」と謡い、SDGsに関するワークショップを開催、指導しているものの、 そのメンバーは、「ジェンダー平等」の思想に反するような主張を公にしたためています。

また他の記事でもお話しした通り、現在の暗黒通信団の主な活動は、科学的なユーモアに基づいた作品を生み出すことよりも、特定の中小企業に迷惑行為を行い、足を引っ張る事のように見えます。
これでは、とても「持続可能な開発」を実現できません。

もし、科学的な知識や技術に自負があるのであれば、小学生でもできそうなつまらない事に労力を割くのではなく、社会がより豊かになるための研究、開発をした方が良いのではと思います。
暗黒通信団のメンバー自身が、まずは正しくSDGsについて理解し、それに寄与する活動が出来るようになってはじめて「多様な人財がより良い社会の実現に向けて協働するきっかけを創り出す触媒となる」事ができるのではないでしょうか。