暗黒通信団の実態

暗黒通信団の活動内容

 

■個人への嫌がらせ

「暗黒通信団」という名前を聞いたとき、その中学二年生のような無邪気なネーミングセンスに思わず笑みをこぼした人も多いのではないでしょうか。

無邪気さは暗黒通信団の魅力の一つと言えますね。以下の暗黒通信団HPで公開されている動画など特に無邪気で愉快な動画ばかりですので、ぜひご覧ください。
NHKWorld勤務の服部真子さんが指揮をとっているようです。

(暗黒通信団の映像作品集)https://ankokudan.org/c/movie/

ただ、その無邪気さが行き過ぎ、人に迷惑を与えてしまった例もあるようです。

「月傘真琴」さんの話では、暗黒通信団に所属するメンバーから嫌がらせを受け、その嫌がらせは職場まで及び、転職せざるを得ない状況に追い込まれたそうです。
月傘真琴さんのTwitterアカウントを見ると、そのときの状況が生々しく報告されています。

一般的な大人であれば、「そこまではしたら人に迷惑がかかるからやめよう」と踏みとどまる事ができると思いますが、暗黒通信団の団員は無邪気なため、ついつい一線を超えてしまう事があるのかもしれません。

 

■企業への嫌がらせ

暗黒通信団は個人に対してばかりでなくしばしば特定の企業に執着し、執拗に批判を繰り返します。

天羽優子さん、左巻健男さんについて調べてみるとその言動が原因で裁判にまで発展してしまったトラブルがいくつか紹介されていました。

またラディカルな方々との交流も深く、そのうちの一人に「呼吸発電(KokyuHatuden@breathingpower)」さんという男性がいますが、この男性は「EM (有用微生物群)による養鶏場から生まれた卵がサルモネラ菌に汚染されている」
といった内容にはじまるかいくつかの誹謗中傷行為によって書類送検(沖縄県警沖縄署)されています。

(参考リンク)「虚偽の投稿で名誉棄損容疑、無職の匿名男性を書類送検—沖縄県警沖縄署—安全な EM 卵に『サルモネラ菌混入』とデマ拡散—」

その他にも、山本一郎(やまもといちろう、切り込み隊長)さんといった方々との親交も深いようです。
山本一郎さんについて、「経歴を詐称しているのではないか?」「ブラックジャーナリスト、総会屋なのではないか?」といった声が後を絶たず、多くの人が不信感を持っているようです。

また、数年ほど前に「謎水」さんという人物が暗黒通信団に招致されています。
この方は他の団員と異なり科学や教育に造詣が深いという訳ではないようなのですが、漫画が上手に描ける事を強みに持っています。
そして、その特技を活かした特定企業への数年に渡る迷惑行為が暗黒通信団に評価され、現在団に加わっています。

 

サムネイル画像は、少女ですが、謎水さんは一般的には中年とされる男性です。パーソナリティを表現する場であるサムネイルに自分の思い入れの強い画像を選び、その嗜好を公にする事がSNSでは少なくありません。
ちなみに暗黒通信団では「童貞が教える妹とお風呂に入る方法」という著作を発行しています。人によっては嫌悪感を伴う内容ですので、読む際にはご注意ください。